2010年11月18日

久々の衣装合わせ

Filed under: 未来へ向かうこれからの農業 — 管理人 @ 5:33 PM

苫小牧に住んでいる長男が来年結婚することになり、新郎新婦とともに私たちもタキシードなどの衣装合わせをしました。やはり花嫁衣装は悩むことが多いらしくふたつのウエディングドレスのどちらかを選定するのに悩んでいたので、両方着る結論になりました。 どちらも甲乙つけがたいので最良の方法をとりました。 どちらを着ても花嫁姿は綺麗だ。ウエディング着なくてもかわいいのだからあたりまえです。長男にはもったいないお嫁さんです。この場をお借りしてJAピンネの皆さまに感謝申し上げます。ありがとうございました。

4 Comments

  1. 衣装袷せから、約二ヶ月を経て… 華々しくウエディングセレモニーが札幌にてお披露目されたそうですね~! ご新郎 ご新婦さまは、もとより ご親族一同さまには心よりお祝い申し上げます。 村瀬家さん宅は、毎年のようにアクティブで新鮮な話題が豊富なことに驚いて います。 その仲でも、本日は最良のメモリアルデイの一日になったことでありましょう! ご両家さま ご新郎 ご新婦さま に ご多幸ありますようご祈念申し上げます♪♪ 益々 賑やかになりますね~ 慶しいことです。

    コメント by 牡丹 — 2011年1月23日 @ 8:58 PM

  2. 本来ご招待するところですが札幌だったため失礼しました。 次男の時は、多分鹿追か帯広で披露宴をすると思うので是非お世話になります。 鹿追からは組合長をはじめバス1台でひそやかにご臨席してもらいました。 出席者の半分はホクレン関係で、本州から大学の野球部やゼミ関係など教授まで50名も来てくれました。 2次会は26階のスカイラウンジを貸し切り100名ほどで大騒ぎをしました。 会場は満杯で私などは立ちぱなっしでした。  ラウンジ責任者の目つきのきついおばさんに「うるさいです」といわれましたが気にせず 、笑いながら「まあいいじゃないですかあー」と言ったらそれから何も言いませんでした・・・。  3次会まで明治大の方に家族で参加して途中でお金だけ払って帰ってきましたがたのしかったなあー。 本当に。三男の歓と長女を人質に置いてきたのですが、すごく楽しかったといっていました。三男は日本の結婚式に出るのは初めてのことでこんなに楽しくてお金を使うのにびっくりしていました。 東京などから遠路はるばる友人がきてくれる我が息子は幸せ者です。それに答えるかのように2・3次会ではパフォーマンスを披露していました。 私らは現役の学生まで来てくれているので2次会、3次会の会費を援助させてもらいました。

    コメント by 管理人 — 2011年1月24日 @ 10:41 AM

  3. 賑やかで屈託のない和気藹々とした二次会 三次会で思い出深い宴会になられたようで若いジェネレーションの熱気が伝わります。 騒魂なるスカイラウンジの夜なべ 貸切とはいえ防音構造になっていなかったようですね~ ということで、次男さん 三男さんの結婚披露のときにはオープンラウンジ 親子二代続けて、然別湖畔 氷上ラウンジなんて如何でしょうか(笑)? あそこでしたら、やまびこも押し黙ってしまうほどの広々空間ですから… 神秘の湖の神様が、神父さまですから とてもEco ホッカイロかなり買い込んで 望まないといけなくなるので、+- ゼロになるかもしれませんが… まあ この手のユーモアには、笑ってゆるしてください。 

    コメント by 牡丹 — 2011年1月24日 @ 10:22 PM

  4. 仲間の氷上結婚式では神父役も仰せつかり震えながらやった記憶があります。 湖上でかつ氷上ならば一生忘れることができないでしょう。 私らの場合、知り合った場所で式を挙げることができたので特別です。

    コメント by 管理人 — 2011年1月25日 @ 4:38 PM

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

このページの先頭へ